社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士は、企業からの依頼により、その企業の社員の労働・社会保険に関係する書類の作成から提出までを代行したり、労働管理や社会保障に関するコンサルタントを行うことが主な仕事である。
具体的には、給与計算、労働災害、退職金やメンタルヘルス対策など社員にとって、身近な問題にも取り組んでいる。
試験は択一式と選択式からなっている。
社会保険労務士は国家試験に基づく国家資格であって、試験科目は、労働に関する法律、社会保障に関する法律を対象としているが、試験制度の改革も提案されている。
毎年3000人近くの合格者を出していて、合格者の職業と年齢、受験資格から考察すると、サラリーマンが働きながら取得することが多い模様である。
特に、企業内の人事・労務管理に従事する者が多い。
合格率も10パーセントを長い間、下回っており、狭き門となっている。
社会保険労士になった後も企業相手に営業をしていく必要がある場合もある。